エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 和訳

NHKのラジオ番組 enjoy simple english「エンジョイシンプルイングリッシュ」を和訳しています。

The Amazing Sherlock Holmes

「The Adventure of the Sussex Vampire Part Two」(2022 年 10 月)

ホームズと私はロバート・ファーガスンの家に彼の妻は吸血鬼かどうかを確認するために訪れた。ファーガスンと話をした後、ホームズは彼の妻にメッセージを送った。何らかの理由により、彼女は叫んだ。そして彼女は我々に面会することに同意した。 ファーガス…

「The Adventure of the Sussex Vampire Part One」(2022 年 10 月)

「ワトソン!。この手紙を読みたまえ!。君の古い友人、ロバート・ファーガスン氏、が我々に吸血鬼のことについて話したがっている。」 「吸血鬼?。彼は真剣なのか?。」 「私にはわからない、しかし彼は心配している様に見える。私は彼に明日の朝、来てく…

「The Adventure of the Speckled Band Part Two」(2022 年 10 月)

「本当にご訪問頂き、大変嬉しく思います。」 ヘレンはホームズと私を彼女の顔にある微笑みと共に迎え入れた。ホームズは答えた。 「勿論、訪問します。部屋を我々に見せて頂けますか。」 ヘレンの部屋は小さく、ベッド、化粧台、そして椅子があった。ホーム…

「The Adventure of the Speckled Band Part One」(2022 年 10 月)

ある早朝、我々には若い淑女との面談があった。 「おはよう、私の名はシャーロックホームズ。そしてこれが私の友人。ワトソン博士だ。貴女は凍えているように見えるが。」 その淑女は答えた。 「私は寒さのために震えているのではありません。私は怖いのです…

「The Blue Carbuncle Part Two」(2022 年 9 月)

「ワトソン、私はヘンリー・ベーカーは青い宝玉について何も知らないという事を確信する。我々は鵞鳥の方を追うべきだ。」 そう話し、ホームズと私はそのバーへと歩いた。ホームズは幾らかのビールを注文し、店主に話しかけた。 「ここの鵞鳥と同じくらいこ…

「The Blue Carbuncle Part One」(2022 年 9 月)

クリスマスの二日後に私はホームズの家に行き、山高帽を眺めている彼を見つけた。 「ホームズ、お邪魔かな?。」 「いいや全く、ワトソン。これは興味深い。」 「それについて私に話してくれないか。」 「どのようにこれがここに来たのか、私に説明させてく…

「Shoscombe Old Place Part Two」(2022 年 9 月)

ホームズと私はある奇妙な事件を解決するためにショスコムに居た。まず、私たちはビアトリス夫人の飼い犬に会うために飲み宿に行った。主人は、その犬はいつもビアトリス夫人の元へ帰ろうとするのだと言った。ホームズは私に言った。 「1週間前に何かが起こ…

「Shoscombe Old Place Part One」(2022 年 9 月)

ホームズは手紙を読みながら、突然に言った。 「ワトソン、君は、サー・ロバート・ノルベルトンについて耳にしたことがあるかい?。」 「ああ。彼は多くの競走馬を所有し、ショスコム・オールド・プレースでそれらを調教している。私は彼が金銭問題を抱えて…

「The Creeping Man Part Two」(2022 年 8 月)

我々は深夜、プレスベリー教授の家の前の茂みの中で待っていた。ホームズは言った。 「ワトソン、教授が九日毎に彼の最悪な状態になるという事を僕は分かっている。私の推理は、教授は九日毎に強い薬を飲んでいるというものだ。そして彼がそれを飲んだ日にそ…

「The Creeping Man Part One」(2022 年 8 月)

私がベーカーストリートに到着した時、ホームズは膝を彼の胸のところに当て、彼の口にパイプを加えながら椅子に座っていた。彼は明らかに深く思索の中に居た。彼は無言のまま椅子を指差した。暫く後、彼は言った。 「ワトソン、君はあの有名なプレスベリー教…

「Charles Augustus Milverton Part Two」(2022 年 8 月)

ホームズと私はミルヴァートンの仕事場に入った。「それらの手紙はあの金庫に保管されている。」 その部屋は暖炉に火があるために明るかった。暖炉の片側には窓が分厚いカーテンと共に在った。反対側には庭に通じる扉が在った。隅には背の高い緑色の金庫が在…

「Charles Augustus Milverton Part One」(2022 年 8 月)

ある寒い冬の日、ホームズと私が散歩から帰った時、我々は机の上に名刺を見つけた。それはチャールズ・オーガスタス・ミルヴァートンという名の男のものだった。その名刺の裏に「私は6時半にまた来る。」とメッセージがあった。ホームズは言った。 「ミルヴ…

「The Dying Detective Part Two」(2022 年 7 月)

私はスミス氏と別にホームズの部屋に戻った、そして私はホームズが良くなっているのを見て驚いた。 「ホームズ、スミス氏がこちらに向かっている。」 「いいだろう!。私は君に、私のベッドの裏に隠れてもらう必要がある。スミスには私と二人きりだと考えて…

「The Dying Detective Part One」(2022 年 7 月)

シャーロック・ホームズはハドソン夫人と呼ばれる女性から部屋を借りている。ある日、彼女はホームズがとても弱っているのだと言いに私のところに来た。 「ワトソン先生、彼は瀕死の状態です。今すぐに私と一緒に来てください。」 「何があったんですか、ハ…

「The Lonely Cyclist Part Two」(2022 年 7 月)

ファーナムから帰ってきた後、ホームズは言った。 「パブでウィリアムソン、チャーリントン屋敷に住む男、がかつて聖職者だったということが判った。また、ウッドレィは屋敷を頻繁に訪問している。」 そしてすぐ、我々はスミス嬢からのもう一つの手紙をを受…

「The Lonely Cyclist Part One」(2022 年 7 月)

ある日、ヴァイオレット・スミス嬢が助けを求めて我々のところに来た。彼女は言った。 「私の父は死にました。そして私は私の母と暮らしています。私の叔父、ラルフ、は25年前にアフリカに向かい、そして失踪しました。そして大体4ヶ月前、二人の男が私と…

「The Mazarin Stone Part Two」(2022 年 6 月)

シルビウス伯が彼の銃を取り出そうとしている時、ホームズは落ち着いて言った。 「座れ。マザリンのダイアは何処だ?。私は貴殿が乗ったタクシーの運転手の名を知っている。私はまた、ダイアモンドのカットを依頼した人物と話しもした。私はその、ダイアモン…

「The Mazarin Stone Part One」(2022 年 6 月)

ある日、私はホームズの家を訪ね、新しい、窓を覆うカーテンを見た。私はビリー、ホームズの若い使用人、に尋ねた。 「このカーテンは何の為のものだい?。」 「私どもはその後ろに面白いものを持っているんですよ。ご覧になります?。」 私はとても驚いた。…

「The Three Students Part Two」(2022 年 6 月)

ホームズと私は教授のソームズ氏を助けることをしていた。我々は試験問題の幾らかを、その試験の前日に写し取ろうと試みた人物を探していた。そしてその時、我々はソームズ氏の50歳になる使用人と話をしていた。ホームズは言った。 「ソームズ氏は私にこう…

「The Three Students Part One」(2022 年 6 月)

ある夜、大学教授のヒルトン・ソームズ氏がホームズの部屋を訪れた。彼は言った。「ホームズさん、私は貴方の助けが必要なんです。私は今日、印刷屋から受け取った、明日の試験の問題用紙を確認していたのです。その時、私は一時間ばかり私の部屋から出てい…

「A Case of Identity Part Two」(2022 年 5 月)

ホームズは彼の椅子に座り、彼のパイプを吸っていた。 「それで、ホームズ、私が見ては居ない物を、君は見たように思える。」 「君はそれを見たよ、ワトソン君。しかし、君はそれを読み取っていないのだ。例えば、私はメアリがタイピストだと分かった。何故…

「A Case of Identity Part One」(2022 年 5 月)

シャーロック・ホームズと私がある日話をしている最中に一人の淑女、メアリ・サザランドという名の、が訪ねてきた。 「貴方は警察よりも優秀だと私は伺いました。私は毎年、100ポンドの副収入があります。もし、貴方がホズマ・エインジェルさんを見つけて…

「The Red-Headed League Part Two」(2022 年 5 月)

ウィルスン氏はホームズと私に赤毛連盟、赤毛の男達のための不思議な団体、についての話をしている。ウィルスンはその団体のために働いていたのだがある日、彼はその団体が解散したという張り紙を見つけた。この団体は何なのか、そして何故突然消滅したのか…

「The Red-Headed League Part One」(2022 年 5 月)

ある秋の日、私は私の友人、シャーロック・ホームズを尋ねた。彼は赤毛の、50代の男性と話をしていた。ホームズは言った。 「ワトソン!。此方に入って来て、ジェイベズ・ウィルスン氏が話す彼の奇妙な物語を聞き給え。」 「分かった。」私は言い、椅子に…

「The Adventure of the Sussex Vampire Part Two」(2022 年 4 月)

ホームズと私はロバート・ファーガスンの家に彼の妻は吸血鬼かどうかを確認するために訪れた。ファーガスンと話をした後、ホームズは彼の妻にメッセージを送った。何らかの理由により、彼女は叫んだ。そして彼女は我々に面会することに同意した。 ファーガス…

「The Adventure of the Sussex Vampire Part One」(2022 年 4 月)

「ワトソン!。この手紙を読みたまえ!。君の古い友人、ロバート・ファーガスン氏、が我々に吸血鬼のことについて話したがっている。」 「吸血鬼?。彼は真剣なのか?。」 「私にはわからない、しかし彼は心配している様に見える。私は彼に明日の朝、来てく…

「The Adventure of the Speckled Band Part Two」(2022 年 4 月)

「本当にご訪問頂き、大変嬉しく思います。」 ヘレンはホームズと私を彼女の顔にある微笑みと共に迎え入れた。ホームズは答えた。 「勿論、訪問します。部屋を我々に見せて頂けますか。」 ヘレンの部屋は小さく、ベッド、化粧台、そして椅子があった。ホーム…

「The Adventure of the Speckled Band Part One」(2022 年 4 月)

ある早朝、我々には若い淑女との面談があった。 「おはよう、私の名はシャーロックホームズ。そしてこれが私の友人。ワトソン博士だ。貴女は凍えているように見えるが。」 その淑女は答えた。 「私は寒さのために震えているのではありません。私は怖いのです…

プライバシーポリシー お問い合わせ