エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 和訳

NHKのラジオ番組 enjoy simple english「エンジョイシンプルイングリッシュ」を和訳しています。

The Amazing Sherlock Holmes

「The Mazarin Stone Part Two」(2022 年 6 月)

シルビウス伯が彼の銃を取り出そうとしている時、ホームズは落ち着いて言った。 「座れ。マザリンのダイアは何処だ?。私は貴殿が乗ったタクシーの運転手の名を知っている。私はまた、ダイアモンドのカットを依頼した人物と話しもした。私はその、ダイアモン…

「The Mazarin Stone Part One」(2022 年 6 月)

ある日、私はホームズの家を訪ね、新しい、窓を覆うカーテンを見た。私はビリー、ホームズの若い使用人、に尋ねた。 「このカーテンは何の為のものだい?。」 「私どもはその後ろに面白いものを持っているんですよ。ご覧になります?。」 私はとても驚いた。…

「The Three Students Part Two」(2022 年 6 月)

ホームズと私は教授のソームズ氏を助けることをしていた。我々は試験問題の幾らかを、その試験の前日に写し取ろうと試みた人物を探していた。そしてその時、我々はソームズ氏の50歳になる使用人と話をしていた。ホームズは言った。 「ソームズ氏は私にこう…

「The Three Students Part One」(2022 年 6 月)

ある夜、大学教授のヒルトン・ソームズ氏がホームズの部屋を訪れた。彼は言った。「ホームズさん、私は貴方の助けが必要なんです。私は今日、印刷屋から受け取った、明日の試験の問題用紙を確認していたのです。その時、私は一時間ばかり私の部屋から出てい…

「A Case of Identity Part Two」(2022 年 5 月)

ホームズは彼の椅子に座り、彼のパイプを吸っていた。 「それで、ホームズ、私が見ては居ない物を、君は見たように思える。」 「君はそれを見たよ、ワトソン君。しかし、君はそれを読み取っていないのだ。例えば、私はメアリがタイピストだと分かった。何故…

「A Case of Identity Part One」(2022 年 5 月)

シャーロック・ホームズと私がある日話をしている最中に一人の淑女、メアリ・サザランドという名の、が訪ねてきた。 「貴方は警察よりも優秀だと私は伺いました。私は毎年、100ポンドの副収入があります。もし、貴方がホズマ・エインジェルさんを見つけて…

「The Red-Headed League Part Two」(2022 年 5 月)

ウィルスン氏はホームズと私に赤毛連盟、赤毛の男達のための不思議な団体、についての話をしている。ウィルスンはその団体のために働いていたのだがある日、彼はその団体が解散したという張り紙を見つけた。この団体は何なのか、そして何故突然消滅したのか…

「The Red-Headed League Part One」(2022 年 5 月)

ある秋の日、私は私の友人、シャーロック・ホームズを尋ねた。彼は赤毛の、50代の男性と話をしていた。ホームズは言った。 「ワトソン!。此方に入って来て、ジェイベズ・ウィルスン氏が話す彼の奇妙な物語を聞き給え。」 「分かった。」私は言い、椅子に…

「The Adventure of the Sussex Vampire Part Two」(2022 年 4 月)

ホームズと私はロバート・ファーガスンの家に彼の妻は吸血鬼かどうかを確認するために訪れた。ファーガスンと話をした後、ホームズは彼の妻にメッセージを送った。何らかの理由により、彼女は叫んだ。そして彼女は我々に面会することに同意した。 ファーガス…

「The Adventure of the Sussex Vampire Part One」(2022 年 4 月)

「ワトソン!。この手紙を読みたまえ!。君の古い友人、ロバート・ファーガスン氏、が我々に吸血鬼のことについて話したがっている。」 「吸血鬼?。彼は真剣なのか?。」 「私にはわからない、しかし彼は心配している様に見える。私は彼に明日の朝、来てく…

「The Adventure of the Speckled Band Part Two」(2022 年 4 月)

「本当にご訪問頂き、大変嬉しく思います。」 ヘレンはホームズと私を彼女の顔にある微笑みと共に迎え入れた。ホームズは答えた。 「勿論、訪問します。部屋を我々に見せて頂けますか。」 ヘレンの部屋は小さく、ベッド、化粧台、そして椅子があった。ホーム…

「The Adventure of the Speckled Band Part One」(2022 年 4 月)

ある早朝、我々には若い淑女との面談があった。 「おはよう、私の名はシャーロックホームズ。そしてこれが私の友人。ワトソン博士だ。貴女は凍えているように見えるが。」 その淑女は答えた。 「私は寒さのために震えているのではありません。私は怖いのです…

プライバシーポリシー お問い合わせ